松代観光案内

清水寺

開山は今から1200年ほど前の延暦22年(803年)、寛空上人が開山したと云われており、坂上田村麻呂が東北に遠征に向かった際に、先勝祈願の為に建立された寺です。
本堂内には、重要文化財に指定されている千手観音像・聖観音立像・地蔵菩薩像の3体があり、中でも千手観音像は桂材の一本彫りで、信州における現存最古の木造であり、東日本で最も古い仏様です。
ご希望であれば護摩堂にて護摩焚法要も行えます。
副住職によるご案内と特別拝観ができます。

【コース】
清水寺⇒松代宮坂酒造店(試飲&ショッピング)
所要時間:1時間10分
料金:お一人様320円

清水寺・護摩焚法要⇒松代宮坂酒造店(試飲&ショッピング)
所要時間:1時間30分
料金:お一人様620円